楽園は交際クラブにあります

交際クラブは出会いを求める男女が集う現代の社交場です。
男性・女性ともに各クラブの基準を満たした方だけが入会・登録をしています。
一言でいえば、「出会い(出逢い)」を求めている人だけが集まっていますが、入会・登録するきっかけは様々です。
たとえば、ある既婚者の男性(50代・医師)は、「医師仲間のフランクな飲み会で女性の話になった。ほとんどの仲間が、五十を過ぎてからも良いお付き合いをしている若い女性がいると聞いて、内心穏やかでいられなかった。なぜなら、私は、なんとなく日頃から仕事や家庭に物足りなさを感じていた。街を歩く仲睦まじいカップルを羨望の眼差しで見ていたことが数限りなくあった。ほとんどの中年男性はこのような同じ想いを抱えて生活しているはずだと思い込んでいたからだ。 若い頃ならいざ知らず還暦に近づいた男が若い女性と付き合うなんて夢物語だと思っていた。沸々と湧き上がる得体のしれない感情に蓋をしながら生きていたのは自分だけだったのかと愕然とした。老いても人生を謳歌している彼らに嫉妬さえ覚えた。これが交際クラブを探し始めたきっかけです。」と熱っぽく話してく れました。この男性のように、ある程度の年齢になり「恋をしたい」と願う男性は少なくありません。
またある女性(20代前半・OL )は、「仲の良いお友達がすごく年上の男性と知り合って、どんどんきれいになっていった。私はもともと幼い頃に父を亡くしているので、父親といってもおかしくないくらいの男性に憧れがありました。もしかしたら深層心理では父親代わりを探しているのかもしれませんが、恋愛対象として年上の男性の存在があるのです。友人にしつこく問いただすと、交際クラブで知り合ったとだけ教えてくれました。よくよく調べてみると、高級交際クラブと呼ばれる交際クラブは、成功した男性ばかりが入会していると書いてあった。父がいないこともあり、あまり裕福な家庭で育ったわけではない私は、奨学金で大学に通っていました。もちろん卒業後も奨学金を払っており、OLの少ないお給料で生活もしながら返済している毎日でした。生活だけでなく精神的にも、年上の男性から守って欲しいと望むようなった私は高級交際クラブで、包容力のある大人の男性に出会うことを夢見て登録することにしたのです。」と、はにかんだ笑顔を見せながら一所懸命お話ししてくれたのです。
このお話を聞かせてくれた二人が、今よいお付き合いをしている仲睦まじいカップルなのです。
男性は若い頃を思い出させるような恋を手にいれ、女性は理想的な関係を築くことができました。
このようにうまくいっているカップルがどのくらいいるのか見当がつきませんが、交際クラブはいろいろな目的の男女がいて、出会いの数だけチャンスがあるのです。夢を見るだけで行動を起こさない人に幸運は訪れません。
交際クラブは、男性と女性が夢を実現できる楽園なのかもしれません。皆さんも、交際クラブでプレシャスな夢をつかんでください。