なびかない女性をその気にさせる方法

初めてのデートでお互い「いいな」と思ったら次のデートの約束をとりつけることでしょう。
2回目のデートまでは順調ですが、3回目ぐらいから男女間に熱意の差が生じてくることがあります。
女性は「時間をかけて付き合うかどうか見極めたい」と思いがちなのに対し、男性の中にはすぐにでもおつきあいができるかどうか白黒をつけたいと思う方がいらっしゃるので、慎重派の女性と温度差が生じることは多々あります。
その結果、友達以上恋人未満の期間が長くなることがあります。
あまりにも女性が慎重だと、男性は「自分に気が無いのかな?」と思ってしまうでしょう。
しかし意外にも、なびかない女性ほど「本気」であなたに恋をしているのです。
女性は好きでもない異性とは、たとえ高価な食事をご馳走になるにしても、わざわざ時間を割いてデートなどしたがらないものです。
特に若い女性は大人の男性との恋愛の経験があまり無いので、年上の男性とは仲良くなって打ち解けながら徐々にお付き合いを続けていきたいと願っているのです。
なかなか進展がなくても何度も会ってデートをしているということは、実は「本命」なのだと言っているようなものです。女性からの「駆け引き」を楽しんで少しずつ彼女の心を開いていきましょう。
しかし、そうはいっても早く恋人になりたいと思うのが両者共通の本音でしょう。
なかなか進展が無いなと感じたら、彼女との連絡を一旦遅らせてみてはいかがでしょうか?
例えば毎日メールのやり取りをしていたとしたら、少し返事を遅らせてみましょう。
ベタなようですが意外と効果があるもので、時間を空けることによって女性が焦るのです。
だんだん返事が遅くなっていけば「気持ちが無くなったのかな?」と女性は不安に思うものです。
今まで頻繁に食事に誘っていて、なかなか進展が無いなと感じていたら、1ヶ月ぐらいは誘わないでおくのもいいでしょう。
時間を空けることによって彼女の警戒心を解き、「会いたい」という気持ちにさせたいものです。
彼女の方から「会いたい」と言ってきたらしめたものです。
女性の気持ちのペースも尊重しながら、二人の関係を深めていって下さいね。