女性のお化粧について

成人女性に毎日欠かせない1つの習慣としてあげられるのがお化粧です。
素肌にファンデーションを塗ったり、眉を描いたり、リップを塗ったりといろいろなお化粧の方法があります。
それではなぜ女性はお化粧をするのでしょうか。
人それぞれ理由もさまざまです。

多くの女性は素顔の自分より美しく見せたいからという理由です。
いかに自分を美しく見せるかいろいろな方法で女性は日々努力していますが、お化粧はその一つの手段です。

ナチュラルメイクの女性の方が好きだという男性が世間では多数いますが、それは本当なのでしょうか。
男性は基本的にナチュラルメイクが好きな傾向にありますが、最近の若い日本女性はお化粧に加えて、プラスアルファとしてカラーコンタクトレンズを使用し、黒目の大きさや瞳のカラーチェンジまでおこなっています。
その為、本当の意味でのすっぴんになったときには、まるで別人になってしまう女性も数多くいるのではないでしょうか。

そんなギャップを男性はどう感じるのでしょうか。
ギャップが可愛いと感じるのか、はたまた詐欺と感じるのでしょうか。
女性からするとちょっと微妙な気持ちになる意見ですが、すっぴんとの落差が激しい女性にガッカリしたという男性の意見は巷でよく耳にします。

海外では若い女性は比較的にナチュラルメイクで、年齢を重ねていくにつれて濃いメイクになる傾向がありますが、最近の日本は比較的若い女性の方が、年配層に比べてお化粧が濃いと感じます。
若い女性は、すっぴんよりお化粧した顔の方が良いと感じている人が多数いますが、年配の女性からすると綺麗な素肌にお化粧をしてもったいないと感じています。
しかしその素肌の美しさは自分が年を取らないと実感できないものです。
男性がお世辞でも、「すっぴんでもかわいいね」や「ナチュラルメイクの方が似合っているよ」と声を掛けてあげれば、女性はとても喜び、ナチュラルメイクの女性が増えるのではないでしょうか。