女性の可愛いってなんだろう?

「どうせ男の人は顔しか見ていないんでしょ?」
自分より容姿の優れた女性が、男性からちやほやされているのを見ると、女性なら誰だってこんな風に思ったことがあるはずです。
そんな気持ちを持ってしまうほど、女性にとって顔の造形は大きな問題なのです。
女性は可愛いか可愛くないかで、周りの評価や人生が変わってしまうような錯覚に陥ってしまいます。
学校や職場、ましてや合コンなどの出会いの場では特に容姿の良さがその場の自分の立ち位置を決めてしまいます。
良い立ち位置をキープするために、常に自分の容姿に気を配っている女性も多いのではないでしょうか。
それは交際クラブにおいても同様のことがいえると思います。
交際クラブへの登録を躊躇する女性は、「私より可愛い子がたくさんいてオファーがなさそう・・・」、「私なんて可愛くないし・・・」という容姿にコンプレックスを感じている場合が多くあるようです。
もちろん交際クラブは、男性が写真などで女性の容姿を判断し、デートに誘います。
可愛い女性の方が男性の目に留まりやすいのは当然のことです。
では、『可愛い』とは具体的にどんなことをいうのでしょうか?
皆さんは「可愛い」の意味をご存知ですか?
「見た目が可愛い」=「cute」だと認識している方が多いと思いますが、実はこれ、間違いなのです。
本来の意味は、「大切にしたいと思うこと」です。
つまり、可愛いというのはその物の「見た目」ではなく、「気持ち」を表しているのです。
では、実際に可愛いとはなんなのでしょうか。
女性目線での「可愛い」は、どうしても外見に目が向きがちですよね。
ガーリーな服装で、ふわふわとフェミニンな雰囲気を醸し出すピンクやパステルカラーが似合うような女性像だと思います。
しかし、男性目線の「可愛い」は、女性とは異なる意味合いが含まれるようです。
「あんなに可愛い顔の子が、性格が悪いわけがない」と、考える男性もいますが、これには思わず目が点になってしまいますよね。
反対に、女性目線でいえば「可愛い子は今までちやほやされている分、性格が悪そう」と感じてしまうことが多いのです。
このような理由があってのことなら、見た目が可愛い女性が男性から大切にされる理由がわかりますよね。
女性の皆さんのなかには、「ぶりっこ」という言葉を聞くだけで嫌悪感を抱く方もいらっしゃるのではないでしょうか。
もちろん、誰彼かまわず愛想を良くする必要は全くありませんが、時として「ぶりっこ」は大切です。
ここであえて、「ぶりっこ」の褒めるべきところを上げるとすると、「自分に自信がある」という点です。
彼女たちは自分に多いに自信を持って、「私可愛いでしょう?」とピンク色のビームを撃ちまくっています。
対して、自分の外見に自信の無い人は、卑屈な心が内面から滲みでて、表情もどこか暗いものになっています。
更に良い点をあげるとすると、「ぶりっこ」は自分がどう可愛いのか把握しているところです。
つまり、ご自身の容姿に自信の無い方は、まずは自分の外見のどの部分なら自信を持てるのか、研究してみると良いでしょう。
それでも、前向きになれないようなのであれば、「笑顔で過ごす」、「他人の悪口を言わない」など、プラスの目標を立てて生活をしてみるだけで、表情も明るくなってきますし、少しでも変わっていくのではないのでしょうか。
世知辛いですが、「可愛い子が得をする」のは揺るぎない事実です。
いずれにしても、まずは自分の容姿を客観的に把握することが「可愛い」の入り口と言えます。
しかし、「可愛い」を維持するにも何かと物入りになるのが女性というもの。
交際クラブでなら、そんなあなたを丸ごと愛してくれる紳士に出会える場所です。
貴女も是非、交際クラブで素敵な出会いを見つけてみませんか?