焦りは禁物です

交際クラブを利用する時に、特に気を付けておきたい心構えがあります。

男性も女性もそれぞれに言えることですが、「焦り」は禁物です。

なぜ焦ってはいけないかを解っていらっしゃる方は、きっと既に素敵なパートナーを見つけ、愛を育みあっていることでしょう。

もし、現在交際クラブを利用していて、まだ2回目以降のお付き合いに発展しておらず不満を抱えていらっしゃる方は、一度こちらの記事も参考にして頂ければと思います。

まず、なぜ焦りは禁物なのか、その理由をお話ししたいと思います。

皆様は人と会話をしていて心地よいペースと、何だかぎこちなく気を使ってしまうということはないでしょうか?

また、連絡を取り合っていて、何だか話しづらい、面倒くさいと感じることもありませんか?

それは相手とペースが噛み合っていないせいです。

仕事も普段の人間関係で起こることもそうですが、冷静な判断ができない状態で何かをしても、事態が良くなることは基本ありませんよね。

むしろ、相手の印象を悪くすることが多いと思います。

こちらの意見をちゃんと聞き、理解した上で自分の意見を話してくれる人には、安心して物事を任せることができますよね。

それは恋愛においても同じです。

デートのお誘いをした時、メールやLINEで連絡をした時に相手の返事が少しでも遅いと、イライラしてすぐに催促の連絡をしたり、何度も携帯を見て相手の既読がついていないかなど常にチェックしていないですか?

返信がないと気になって他のことが手につかなくなるほど気が急いてしまう人は、本当に要注意です。

その焦りとイライラは、相手に何かしらのかたちで伝わってしまいます。

それを受ける相手は、気分が良くないばかりか、最初のデートで印象が良かったとしても、「こんなに余裕がない人だったんだ、なんだかガッカリだな。」「今後もずっとこんな感じで連絡が来るのかな。」とマイナスな印象ばかりが膨らんでしまいます。

相手にも生活があり、仕事があり、都合があります。

すぐに返事ができるときもありますが、状況によってはできない場合があるのは誰にでも該当します。

そういった状況を考慮すると返信のタイミングは人それぞれと考え、ゆっくり待つことができるのではないでしょうか。

さすがに丸1日以上待っても返事が返ってこないなど、急ぎの用件で返信がほしい場合は柔らかく相手に伺うくらいはしていいでしょう。

相手には返信が遅くなってしまっているという負い目があるため、追い打ちをかける伝え方をしてはいけません。

それをしてしまうと、さらに距離を遠ざけることになります。

あくまで確認程度に、そこまで気にしていない様子で話すと相手は安心して素直に状況を話してくれるかもしれません。

そして、相手の都合がつかないなら、今回は別に良いよというあっさりした態度でいれば、むしろ相手が追いかけてくる可能性があります。

余裕があり、落ち着いて話が出来る人は信頼がおけますし、安心感があります。

相手が男性女性問わず、焦らず相手の出方を見て、そのあとの動きを決めるというスタンスの方が、自分の心も苦しくならず長いお付き合いをしていけると思います。

自分もストレスなく、相手にも心地よいペースでいられる、そういった距離感のある関係性が一番良いお付き合いに発展する秘訣ではないでしょうか?

是非一度、ご自分の今のスタンスを振り返り、相手にプラスな印象を残せるようにしてみて下さいね。