「貴女の魅力は何ですか?」

貴女の魅力は何ですか?

ご自身の魅力を把握できている人は、実はそんなにいないと思います。

自分ではしっかり者だと思っていても、他の人から実は頼りなく思われていたり、自分のことを過小評価しすぎて、ご自身の本当の良さを分かっていないという方も多いかもしれません。

自分でチャームポイントだと思っていることが、実際には他人の目に魅力的に映っていなかったり、自分が短所だと感じていたり、嫌いなところが他人にとっては魅力に感じる部分であることもあります。

そのギャップやずれを修正することが、素敵な自分になるための近道なのではないでしょうか。

男性の目を惹く女性は、自分が他人にどう評価されているか理解している人が多くいるような気がします。

客観的に自分を評価できるからこそ、的外れな努力にならなくて済むのかもしれません。

そんな見失いがちな「自分の魅力」を、再認識するためのチェックポイントをご紹介します。

 

○容姿

顔の造形、骨格、身長、雰囲気など、人によって容姿はさまざまです。

一口に、「かわいい」と言っても、清楚であったり、華やかなタイプであったり、ジャンルも大きく異なります。

メイクやファッションといった「おしゃれに関心が全くない」という女性はあまりいらっしゃらないと思います。

朝の身支度や、メイクをしている時、またデートの前に洋服を選んでいる時間を楽しいと思っている人も多いはずです。

しかし、ここで大きな落とし穴になるのが、自分が好きなものと、似合うものはまた別である場合が多くあるという事実です。

女性が鏡の前の自分を見る時は、無意識のうちに表情を作っていますし、何より正面からしか見られません。

普段何気ない時に、なんの意識もしていない自分は、また違った一面や魅力があるのかもしれません。

今一度、客観的に自分が本当に似合うファッションやカラーは何なのか、確認してみると良いでしょう。

このようなときは、はっきりと意見を言ってくれる友人の存在が不可欠です。ぜひ、協力をお願いしてみましょう。

 

○声や話し方

自分の声は、自分で聞くのと他人が聞くものでは、かなり違いがあります。

録音した自分の声を聞いて、その違いに驚いたという方も多いのではないでしょうか。

私達が日常的に聞いている自分の声は、骨や細胞組織などを貫通して響いているものです。

ですので、空気を振動して伝わる録音したもの(他人が聞いている声)とは大きく聞こえ方が変わってきます。

話し方も自分が思っているものと、他人が認識しているものとでは印象が違うといった場合が多々あります。

普段の自分の話し方や声が、周りにどんな印象を与えるのか知ってみることも大切ですね。

 

○内面

性格面については、話し方に通じるものがあります。

仕方のないことだとはいえ、周囲の人間は、行動や言動など、表面的な部分でしか判断できません。

普段ネガティブな発言が多いようでは、当然暗い人だと思われてしまいます。

時には、周りの人の評価に耳を傾けることも大切なことではないでしょうか。

 

普段自分がどのように見られているのか、主観的な目線を取り除くことが大切であると言えます。

あえて自分自身とまっすぐ向き合うことによって、本当の貴女の魅力がわかるはずです。

そんな素直な貴女なら、交際クラブでもきっと素敵な出会いに巡り会えることでしょう。