最初から期待しすぎないことが大切です

交際クラブには、毎日多くの女性が面接に来て下さいます。

交際クラブのセレブな男性や、普段行けないような高級レストランでのデートや、何かしらの「期待」を抱いて女性は交際クラブに登録されることと思います。

しかし、過度な期待を寄せてしまうと、結果として空回ってしまうケースが多々あります。

では、女性はなぜ期待をし過ぎてしまうのでしょうか?

女性は男性からのご寵愛を受けることによって、経済的にも、精神的に満たされたいと思って登録される方が多くいらっしゃいます。

加えて女性は、男性よりも「こうしたい」、「ああしたい」といった理想を明確かつ、具体的に思い描いている方ほとんどです。

期待を持って登録した女性であれば、当然「このくらいはして欲しい」、「あれを買って欲しい」と考えるのは自然なことでしょう。

そして、その期待は交際クラブで出会った男性に向けられ、「お金持ちなのだから、このくらいは大丈夫だろう」と言った思い込みから、「わたしの望みを叶えてくれる」と、更なる期待が高まります。

しかし、交際クラブの男性は、これまでもいろいろな場所でたくさんの女性と出会ってきたセレブな男性ばかりです。

そのような男性の懐に依存しようとしている女性の魂胆は見え見えと言っても過言ではありません。

交際クラブの男性は社会的に地位が高く、人の上に立つ方が多いため、人を見る審美眼が日常的に養われている方がほとんどです。

本音を隠して建前を取り繕ったところで、いずれその関係は破綻するでしょう。

以上のことから、「交際クラブの男性に最初から期待しすぎない」という心構えを持った女性の方がより継続したお付き合いが実現しやすいと言えます。

そして、男性に与えてもらうことばかりを望むのではなく、男性を喜ばせるために、自分が出来ることは何なのか考え、実行に移すことも大切なのです。

「やってもらって当たり前」と思うのではなく、女性自身が男性に尽くすことで、「また会いたい」、「大切にしたい」、「助けてあげたい」と思ってもらえるのです。

お互いの相手を思いやる気持ちを、過不足なく平等を保つことが、まさに癒やし、癒やされる関係と言えるでしょう。

その際にも、「私はこれぐらいしたんだから、これぐらいしてくれるでしょ?」と言った考え方を持ってはいけません。

ましてや口にしてしまったら、男性の気持ちも一瞬で冷めてしまいます。

相思相愛、ギブアンドテイクが男女のお付き合いにおいて一番大切なのです。

男性だけに、過度の期待を寄せるのではなく、2人で一緒に楽しいことを共有できる関係を築くことこそが、交際クラブでの成功と言えるでしょう。