次のデートに繋がりやすくするお断りの方法

交際クラブでのデートは、男性が好みの女性を選び、倶楽部に依頼をすることで、女性にお誘いが入ります。

つまり、女性が男性を選んだり、女性から男性を誘うことは出来ないのです。

数多い登録女性の中から、「お誘いが入る」ということはそんなに簡単なことではありません。

しかし、せっかくお誘いいただいた日程が仕事や先約で都合がつかないなんてこともあると思います。

「出来ることなら、別の日に会えたら良いのに・・・」と思った経験のある女性もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな時に、大切なのがお断りの仕方です。

このお断りの仕方次第で、次のお誘いにも繋がりやすく出来るのです。

そのために必要なのは、倶楽部からの連絡には早めにお返事をするということです。

交際クラブからの連絡手段は、基本的にはメールで連絡することが多いです。

その倶楽部からのメールに対し、早めに返事をすることによって、男性に誠実な印象を与えることができるのです。

返事が遅いと、男性は予定を空けたまま、女性からの返事を待ち続けることになりますので、断りにくい場合であっても早めに倶楽部に連絡することが、親切なのです。

また、返事が早いことによって、男性だけでなく、倶楽部のスタッフからも信頼を得ることが出来ます。

交際クラブの男性の多くは、特定の女性との長期的なお付き合いを望まれている方が多いため、女性の性格面を重視される方がたくさんいらっしゃいます。

そのため、これまでのお誘いに対して、「連絡が早い」、「丁寧な受け答えが出来る」と、スタッフからの信頼を得られた女性は倶楽部から男性におすすめがしやすくなるのです。

そうすることでお誘いも入りやすくなりますし、良い出会いに繋がる可能性もグッと高くなるのです。

もし、仕事中はメールのチェックができなかったり、仕事が忙しいなど、多忙な場合は、あらかじめ面接時にスタッフに伝えておくのも良いでしょう。

また、お断りをいれる際も、ただ都合がつかないと伝えるのではなく、明確な理由と複数の代替日を提案すると良いでしょう。

そうすることで、貴女が「本当は行きたい」と思っている気持ちが男性にも伝わるはずです。

これによって、男性側が日程を調整し、再度お誘いをしてくださる確率が格段に上がるのです。

交際クラブはお誘いが入らなければ登録した意味がありません。

せっかく入ったお誘いに対して、お誘いを断るのは勇気がいりますが、誘う男性側も勇気を出して女性にお誘いをしているのです。

魅力的なお写真や、華々しい経歴の他にも、スムーズに連絡を取り合うこともまた、多くのお誘いを受けるために大切なプロセスの一つなのです。

お誘いは入るのに都合が合わず、白紙になってしまいなかなかデートに繋がらないと思っている貴女。

もしかしたら「デートを受ける気がないのかな?」と、倶楽部のスタッフや男性に勘違いされてしまうようなメールの返信をしていませんか?

お断りの仕方を少し変えるだけで、お誘いの数がグッと変わってくるかもしれません。

カテゴリー: デートのセッティング