次のデートに繋げるための恋愛心理テクニック

交際クラブで出会った女性から好かれたいと思ったり、いいお付き合いを続けていきたいと考える男性がほとんどだとは思いますが、「なかなか2回目に繋がらない」と嘆く男性も中にはいらっしゃるようです。

今回は、交際クラブで出会った女性を2回目のデートに誘う際に使えるテクニックを2つご紹介致します。

男性の働きかけ一つで、女性の心情は大きく変化することもあります。

今からお伝えするテクニックを是非試していただければと思います。

 

①「YESの法則」

この法則は、心理学の研究で実証されている心理テクニックです。

貴方が、女性にいくつか質問していく中で、女性の答えが「はい」となる、つまり「YES」になるような質問をいくつか続けて「はい」と答えさせる。

女性は、続けて「はい」と答えていくうちに、無意識に「はい」と答えやすくなるそうです。

女性には、「はい」と答えることができる質問を続けて投げかけます。

いくつか「はい」の答えを引き出した後に、貴方がいちばん「YES」をもらいたい質問をすれば、成功する可能性が上がるというのです。

では、どんな質問をすればいいのでしょうか?

例えば・・・

「今日は、いいお天気でしたね?」

「今日は、お仕事でしたか?」

「昼食は、取れましたか?」

「お酒は、飲めますか?(好きですか?)」

「今度、おいしいお酒が飲めるレストランに行きませんか?」

というように、「はい」と続けて答える質問を繰り返した後にデートに誘う質問をすると次のデートの約束が取りやすくなるそうです。

次回のデートのお誘いが成功しやすくなるには、「はい」答えてしまうような質問を5~6回程度続けるのが理想だそうです。

実際の会話の中では、女性の答えは「はい」だけではなく、きっと話が広がっていくと思います。

貴方が、会話の流れを無視して、予め用意していた質問をしてしまうと女性に不自然に思われてしまうかもしれません。

女性から不自然に思われないように、デートのお誘いの質問をするまでに自然な流れの中で質問をしていくことがポイントだと思います。

 

②ドア・イン・ザ・フェイス

これは、ビジネスの世界でも使えるそうですが、断られることが分かりきっている大きな要求を最初に投げかけて、その後に徐々に要求レベルを下げていき、最後に本来の目的である小さな要求をし、良い返事をもらうためのテクニックです。

例えば・・・

「1ヶ月ほど二人で海外旅行に行きませんか?」

「いいえ」
「では、1週間くらいの時間はつくれますか?」

「いいえ」
「2泊3日で、国内旅行はどうですか?」

「いいえ」
「では、またお食事をご一緒しませんか?。」

「はい。それでしたら是非。」

上記は極端な例ではありますが、初めて会った相手と気軽に旅行ができる女性はなかなかいないと思います。

状況によっては、「大丈夫です。」といきなりいいお返事がもらえる可能性もゼロではないと思います。

最終目的は、次のデートですから、最初の要求に比べると格段に良いお返事をもらいやすいと思います。

ただ、相手によっては、非常識な人だと認定されてしまったり、怒らせてしまうリスクもありますので相手を選んで使ってくださいね。

工夫をすれば、さまざまな応用ができると思います。

今回、2つの恋愛心理テクニックをご紹介しましたが、他にもたくさんのテクニックがあります。

組み合わせて利用をすると相乗効果があるかもしれませんね。

交際クラブで出会った女性とのデートで是非ご活用いただけましたら幸いです。